2021年04月01日

アスリートと生理に関するリアルな声を発信「アスリートと生理100人プロジェクト」を現役/元女子サッカー選手が共同代表を務めるReboltオープン

株式会社Reboltは、2021年4月2日より「アスリートと生理100人プロジェクト」の公式noteページをオープする。

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区100BANCH」を拠点に活動してきた本プロジェクト。今回のリリースに合わせ、noteに公式ページをオープンし、アスリートとアスリートを支える人たち100人のインタビューを随時掲載する。

記念すべき1人目のインタビューとして、バスケットボール選手の林咲希選手のインタビューを公開。トップリーグでも活躍する林選手が、どのように生理と向き合い付き合ってきたのかを、様々な切り口からインタビューしている。

■アスリートと生理100人プロジェクトとは

アスリートと生理100人プロジェクトは、生理で悩む人たちへ、生理と向き合い挑戦し続けるアスリート100人のリアルな声をプラットフォームを通してお届けするプロジェクト。

生理がもたらす身体的 / 心理的苦痛が、「挑戦したい」という想いの妨げとなっている現実。そんな中でも、日々過酷な環境で挑戦し続けるアスリートは、自分なりの生理との向き合い方を確立してきた。アスリートの生理との向き合い方は、生理で悩む人たちが新しい選択肢を得るきっかけになるのではないか。その仮説のもと、アスリート100人の生理との向き合い方を世の中に届るべく、同プロジェクトは始まった。

■noteをプラットフォームに

今回、リリースに合わせ、noteに公式ページをオープン。noteのハッシュタグ機能を使用することで、自身の生理の悩みから記事を検索できる仕組みを導入。

【note: https://note.com/rebolt

今後は、stand.fmによる音声での発信も開始予定。アスリートのリアルな声をより身近にするため、「生理の話はしてはいけない」という従来のタブー感への問題提起を行うことを狙いとしている。

   

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

ad

アクセスランキング