2020年12月18日

ドリブルでボールを奪われると叱られるので、ドリブルは控えたほうがいい?

Q:ドリブルをして相手にボール奪われると「なんでパスしないんだ」と叱られますが、ドリブルはそれほどしないほうがいいのでしょうか?

A:「パスをなぜしないのか」というのは、パスをしないから叱られたのではなく、ボールを奪われたことを叱られていると思ったほうがいいかもしれません。
それでもボールを奪われたぐらいでコーチが叱るのは、子供のチャレンジ精神が無くなるのでやめてほしいところです。
ですからドリブルを控えるのではなく、ボールを奪われないためにドリブルを強化することです。つまり1対1に強くなること。

ただ、パスも大事です。ただパスするのではなく、どこでパスするのか、パスよりドリブル、シュートか、的確な判断が必要になります。
例えば、ペナルティエリア付近まではボールを失わずにパスをすることも大事ですが、ペナルティエリア付近では第一選択肢はペナルティエリアに突っ込んでシュートを決めることです。
パスを出したら、そのボールをもまた返してもらうように一緒に走ること。パスしたあとにボーッと見ているようではいけません。

セレクションのために必要なことは、

・ドリブルチャレンジは積極的に行う
・相手につぶされる前にパスを出してまたそのボールを受ける
・絶対に相手につぶされずにゴールを必ず決める

これができると合格に近くなるでしょう。

これに加えて、ボールを持ってる相手を追いかけて、体を入れてボールを奪う。このハンター的なプレーが加わるとさらにプラスになります。

サッカーセレクションNETでは、セレクションに関する質問を受け付けています。
質問内容は、下記の「お問合せフォーム」から、お問い合わせ内容に「Q&A」と明記の上、質問をお送りください。
掲載にあたり、お名前、所属団体は記載いたしません。
https://goal-selection.net/contact

   

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

ad

アクセスランキング

ad