2022年01月06日

短時間でバランスのいい姿勢を作るためには?

Q:短期間で倒れない体、バランスの良い姿勢をつくることができますか?

A:柔道をイメージしてみてください。体のバランスが崩れると一瞬で倒されてしまいます。
一輪車では後ろに体重が寄りすぎると後ろに倒れますし、前に寄りすぎると前に倒れます。重心(体重)がどちらかに偏りすぎないようにサドルに置いているお尻と腰でバランスをとります。インラインスケートも同じで、少し前目に重心を置いて後ろに横に倒れないようにしています。

サッカーでは、
・フェイントをした時
・体を寄せられた時
・足だけ伸ばしてボール触ろうとした時
に重心が偏り、よく倒れてしまいます。

したがって、自主練習では、
① 反復横とび
② 前後左右斜めの素早いステップワーク
③ コーンドリブル
などでバランスが悪くならないように少し前傾姿勢で、鼻からおへそ・急所をつないだ中心線ができるだけ地面に垂直のまま体を移動させるクセをつけることがいいでしょ。

もうひとつは、スタンディングタックルがしっかりと出来るようになることです。
少し腰をかがめて(テニスなどで相手が打ち返す瞬間に取っている前傾姿勢のポーズ)左右両方の肩をしっかり相手にぶつかることが出来るようにする。
右肩と右ひざ・左肩と左ひざを同時に思い切ってぶつける。ぶつけるというよりもしっかりと相手の体とボールの間にその体勢で入り込み、ボールをされってきくイメージです。

① お父さんが子供のスタンディングタックルをしっかり受け止める
② お母さんが布団など持ってスタンディングタックルを受け止め(飛ばされないように)

これに自信が出来てくると体の小さい選手でも大きな選手としっかり戦えるようになってきます。

サッカーセレクションNETでは、セレクションに関する質問を受け付けています。
質問内容は、下記の「お問合せフォーム」から、お問い合わせ内容に「Q&A」と明記の上、質問をお送りください。
掲載にあたり、お名前、所属団体は記載いたしません。
https://goal-selection.net/contact

   

ad
ad

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

アクセスランキング