2022年01月09日

ジュニアユースに上がってもトレセンに選ばれるには?

Q:今トレセンに入ってますが、中学になってもそのまま選ばれるのでしょうか?

A:小学校時代にいたチームとジュニアユースが同じブロックや地域であれば、トレセンのリストがやり取りされることもあったり、コーチ間の交流もあるので多少有利かもしれません。

ただ、ジュニアユースになると他の地域からも優秀な選手が入ってきますので、小学校時代にトレセンだったから同じ地域だからそのまま選ばれるとは言えません。

あらかじめ、自分が入ろうとしているジュニアユースチームと同じブロックや地域にどのようなチームがあるのかクラブユース連盟などのサイトで確認しておくとよいでしょう。

小学校時代の地域から離れて他のチームに行く場合は、多少不利かもしれませが、これも同じように地域にはどのようなチームがあるのかを確認してみるとよいでしょう。

また、チーム内で推薦をしてもらえるようにプレイを頑張り、選手自身がコーチにアピールした方がいいかもしれません。
父兄がトレセンに入ることにとても関心があるのならば、「息子は小学校の時、トレセンでけっこうチャンスをもらったりスキルも成長できて、他のチームメンバーと交流が出来てとても良い経験が出来たので、もし可能であれば是非トレセンに推薦してやってください」と入団時点でアピールしておくのも一つの手です。入りたいという意志を伝えておくことをあまり遠慮しなくてもいいと思います。

「まあ、うちの息子なら大丈夫だろう。推薦してくれるだろう」と思っていても 決めるのは保護者ではないので、あらかじめ意思表示をしておくのがおすすめです。
チームで主力でありながら、意志表示せずに選んでもらえず、「後で嘆く」「コーチ陣とぎくしゃくする」というケースも多いのです。

ジュニアを持つチームの場合は、ジュニア時代からの流れも多少あり、ジュニア時代のトレセンメンバーを自動的にひとまず推薦するというケースもあります。
くれぐれも意志表示は早めがいいでしょう。推薦選考が近くなってから伝えるのはかえってマイナスの印象になってしまいます。

   

ad
ad

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

アクセスランキング