2022年01月15日

左サイドはボールが回ってこない?試合中にボーっとしてることが

Q:左サイドでボーッとしていることが多いのですが・・・

A:左サイドにはあまりボールがきません。ボールがこないから、左サイドの選手が中に中にと入ってしまう。そして、中で選手が重なってしまう。
この状態では、いつまでたっても左サイドを使った攻撃はできません。

なぜこのような状況になってしまうのか。チャンスメイクする中盤の選手が右利きのケースが多いからです。そのため右ばかりでプレーしてしまうのです。

このような左サイドにチャンスがあっても生かせない中盤の選手は、セレクションでは落ちてしまうかもしれません。
中盤は常に両サイドを使えなければいけません。右にパスを出すふりして左にパスが出せなければいけませんが、これをゲーム中に言うわけにもいけません。

このような場合に左サイドは何をすればいいでしょう。

(1)できるだけ左のポジションでプレーすること

声を出して動き出し、ボール引き出す動きを続けましょう。左サイドの仕事をしっかりしているかどうかが大事で、そこにボールがこなければ中盤の評価がマイナスになります。

(2)中盤の選手とのコミュニケーション

「結構左サイドフリーだからパス頂戴!。そして、持ち上がるからゴール前に走ってくれる?頑張ってクロス上げるようにするよ。」などのコミュニケーションをとることは効果的です。

(3)ボールが回ってこなければ休憩時間に違う提案をしてみる

声を出して、コミュニケーションを取ってボールが回ってこなけれ、休憩時間にもう一回言ってみましょう。または「ワンツーで抜けて行こうよ」と違う提案もいいでしょう。空いたスペースで一緒にパスパスや鳥かごを少しやってコミュニケーションを図って仲良くなることもいいかもしれません。

2次セレクションに残っている選手は、ゲームを皆で協力し合いながらプレーするという姿勢があるので、おそらくコミュニケーションをしっかり取れればうまくいきます。1次セレクションではガツガツプレーしている選手が多いので、2次セレクションの方が選手もコーチも父兄も見ていて楽しいです。

  1 2  

ad
ad

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

アクセスランキング