2022年01月29日

GKセレクションの合格ポイント

ゴールキーパーのセレクションについて質問をいただきました。

「ゴールキーパーのセレクションではどんなことをするのか」
「合格のポイントは何か」

Jクラブでのセレクションでは、ロングキックを一人一人チェックしているクラブもありました。
小学生用のサッカーコートでいうとゴールエリアからセンターラインを越える距離で40メートルぐらい。40メートルは利き足でゴールキックができるようになっておきたいです。
その他、各選手にジャンプをさせてジャンプ力を見ているクラブもありました。

合格のチェックポイントとして、
①反射神経が良いか・・・至近距離から左右に投げるボールへの反応が良いか。左右に軽くステップを踏んでる最中に目の前に飛び込んでくるボールに落ち着いて対処できているか

②怖がらない思い切り・判断の良さ・・・フィールドプレイヤーのゲームで実際にGKをやって、飛び出しの判断の良さがあるか。また、DFがピンチに陥らないように自分も動いてボール回しに参加したり、チャンスの時、パントキックやスローでチャンスメイクが出来ているか、たまに前線付近まで攻撃参加してみるのも目立ちます。

③声が出せているか・・・実際のゲームで大きな声を出して「ナイスシュート」「サイド開け」「パスコースキレ」「○○何番マーク」など簡単なことでも声を出し続ける。できればピッチ中響き渡る声。

④背が伸びそうか・・・実際背が高いか。今高くなくてもこれから伸びていきそうな体型か 母親の身長は高いか (あくまで参考程度)

また、 「この選手、受かりそうだな」という選手には共通項があります。
①だらだら立っていない・・・強そうな雰囲気があるとさらにいい感じがします
②獲物を追うような目でプレイを見て声を出し続けている
③絶対ゴールに入れさせないぞという気迫の飛び出し・反応

実際にGK受験をする6年生の自主トレでは、
1)ロングキックで蹴りたいところに蹴る
2)大きな声をしっかり出す(100メートルぐらい離れて掛け声練習。また、いくつかの場面を設定してどんな声をかけるのがいいか(リハーサルのような感じ)
3)至近距離からボールを散らして反応速度を上げる(土グランドいたいのでスポーツマットを敷いています)
4)飛び出しの良さを鍛えるために、フィールドプレイヤーを置いて、クロスやコーナーキック
1週間やるだけでかなり成長しますす。毎日1時間程度でも頑張ってみてください。

関連記事
GK(ゴールキーパー)セレクションでチェックされる項目

   
ad
ad

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

アクセスランキング