2020年04月16日

セレクションで不合格になる選手とは

前回「強豪クラブに合格する選手の特徴」を紹介しましたが、逆に「不合格になりやすい選手の特徴」について考えます。簡単に言えば、合格する選手とは逆の目立たず印象が少ないプレーをすれば、当然コーチの目にはとまりにくく不合格になりやすくなるわけです。

攻撃の場合、味方選手からパスをもらうために「相手選手のマークをはずす動きも見せず」、「スペースへ走り込んだりもしない」選手は不合格になるでしょう。パスをもらえる少ないチャンスを自らつぶしてしまっています。

自らボールを持ったときも、相手を引き寄せることをせずに、すぐに味方にパスを出してしまうことが多いと、せっかくのアピールするチャンスが無くなってしまいます。ただパスを出していてるのでは、他の参加している選手より目立つことはできません。ポジションにもよりますが、決定的パスを出してフィニッシュまでからむことが積極的なプレーとして評価されます。

また相手ボール場合、積極的にボール奪いにいかず、相手選手のマークもせず、ただ味方がボールを奪ってくれるのを待って、攻撃の準備をしているようではいけません。
攻撃のときだけ積極的に動いてもコーチからは「プレーをサボっている」と見えてしまうでしょう。

   

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

ad

アクセスランキング