2020年10月03日

子供のサッカーが上手くなる接し方「プラスの刷りこみ」

「君ならできる」と言われると、根拠がなくてもその言葉は、耳に頭に刻み込まれます。
自信がない時、上手くいかないときに 誰かが言ってくれた「君ならできる」という言葉を思い出して もうひと踏ん張りすることが出来るようになります。

「おまえはムリだ」と毎日言われるのと 「おまえならできる」と毎日言われるのでは1年でとてつもなく大きな差が出てくることでしょう。

お母さんは 息子が寝る前に耳元で毎日
「あなたは世界で一番よ。なりたいものはなんでもなれる。あなたならできる」
と言ってあげてください。
お父さんも 「さすがだな。 すごいね。 おまえならできるよ」と出来るだけ言ってあげてください。叱りながらも・・・

心理学の世界ではピグマリオン効果とも言われます。
バカとして扱えばバカになるし、一流として扱えば一流になっていく。

1.子供のサッカーが上手くなる接し方「トラップを上手にするための伝え方」

2.子供のサッカーが上手くなる接し方「なぜパスが出せないのか」

3.子供のサッカーが上手くなる接し方「否定せずに受容が大事」

   

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

ad

アクセスランキング