2021年02月12日

マンチェスター・シティ選手が語るキャリア成功のための8つの秘訣 動画シリーズを配信

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社はこの度、オフィシャルリクルートパートナーを務めるイングランドのサッカークラブ、マンチェスター・シティの選手にインタビューを行い、動画の配信を開始した。インタビューではキャリアを成功させるための秘訣などについて質問している。

このインタビューはヘイズとマンチェスター・シティが共同で展開しているキャンペーン、「Behind Every Goal」において行われているもの。インタビューに答えているのは、ガブリエウ・ジェズス選手、アイメリク・ラポルテ選手、ナタン・アケ選手、ルーシー・ブロンズ選手、ジャニーン・ベッキー選手、エスメ・モーガン選手で、目的を達成するための準備や対応、スキル向上や勝てるチーム作り、勝利をつかむための心構え、仲間と支え合うことの大切さなどを語っている。スポーツの世界とビジネスの世界では、戦うフィールドは異なっていても多くの共通点が見出すことができる。

選手たちのメッセージの中から、ビジネスの世界にも応用できる、成功をつかむための秘訣を紹介。

キャリアを成功させるための8つの秘訣

1.才能だけでは不十分、弛まぬ努力が必要
チームのフォワード、ガブリエル・ジェズス選手は、才能と努力の関係について述べています。「トップクラスで活躍し続けるためには、才能だけでは不十分です。一度は頂点に立てたとしても、維持し続けるためには多大な努力が必要なのです。コンディションに注意して自分のキャリアに投資する。そう決意したときから一貫してこれを実行してきました。今の僕があるのはそのおかげです。」

2.適応力を常に磨く
女子チームのディフェンダー、ルーシー・ブロンズは、「サッカーは絶えず進化するスポーツです。つまり、選手に求められる強さも進化し続けるのです」と語ります。「サッカーでは、適応力が常に求められます。ポジション、戦術、その他あらゆることに適応することで、トップに君臨することが出来るのです。私がサッカー選手として成功したのは適応力に優れていたからでしょう。状況に適応したことで、私は強くなれました。次に私が望んだのは、戦術的な動きを加えること、技術を磨くことでした。今でも常に自分の弱点を探して、これを自分の強みに変えていきたいと思っています。これからも適応力を維持しながら、選手として向上していきたいと思います。」

3.仲間から学ぶ
エスメ・モーガンもまた、女子チームのディフェンスを担う選手です。彼女は、「自分自身のスキル向上のためにチームメイトから学ぶことが大切」と伝えています。「マンチェスターでは、チームメイトから学ぶよう強く奨励されています。このチームには、試合経験が豊富で素晴らしい結果を残し、様々な栄誉を受けた仲間たちが沢山いるからです。こうした仲間たちから学べるのは、とても心強いことです。マンチェスター以上に私が理想とし、私の向上心を刺激してくれるチームはありません。」

4.スランプと上手く付き合う
女子チームフォワードのジャニーン・ベッキーは、スランプに苦しんだ経験を語ります。「スランプは、必要悪だと言えるでしょう。スポーツ、人生、ビジネス、その他どんなことでも成功には挫折がつきものです。成功までの道程では、失敗することもあるでしょう。失敗したことがなければ、成功の真の意味を知ることも出来ません。スランプを当然のことと受け入れて、上手に付き合うことが大切です。スランプは、貴重な教訓を教えてくれるだけではありません。上手く活用すれば、さらに前進する活力にもなってくれます。最終目標を達成し、スランプを克服したとき、私たちは一段と素晴らしい成功を手に入れることが出来るのです。」

5.チームで共通のビジョンを持つ
ディフェンダーのナタン・アケは、チームがビジョンを共有し、同じ目標達成に向けて努力する大切さを説いています。「マンチェスターでは、チーム全員が同じ目標に向かって、同じ情熱を持って取り組んでいます。選手もスタッフもお互いに助け合いながら、さらなる高みを目指して努力しているのです。」

6.チームの目標を重視する
「個人がチームのために出来ることで、最も重要なことは?」と問われると、前出のジャニーン・ベッキーは、次のように答えています。「チームを第一に考えることです。月並みかもしれませんが、これが最も大切です。私たちが個人競技ではなくチームスポーツであるサッカーを選んだのも、チームでプレーが出来るからです。個人の目標よりもチームの目標が優先されるところに、この競技の醍醐味があるのです。」

7.メンターを見つけ、スキル向上に努める
5で共通のビジョンを持つ必要性を伝えたアケは、スキル向上のためにメンターを見つける重要性も訴えています。「メンターを見つけることはとても重要です。メンターとなる資格があるのは、既にエリートプレイヤーとして活躍し、試合やトレーニングで優れた結果を出し、高いコミットメントを示してくれる選手たちです。スタッフ職の皆さんの周りにも、きっと同じように優れた仲間がいるはずです。良いメンターが見つかれば、自分も同じレベルに到達したいと望むようになるでしょう。」

8.コミュニケーションを通じてチームの連帯感を維持する
ディフェンダーのアイメリク・ラポルテは、新型コロナウィルス感染によるロックダウンで合同トレーニングが出来なくなった時期に、どのように団結力や連帯感を維持したのかについて語っています。「一年の大半を共に過ごしたチームですから、団結力は最高でした。ところが突然のロックダウンで、外出が出来なくなってしまったのです。落ち着かない気持ちになりました。そこで僕たちは、お互いの顔を見ながら話が出来るように、アプリを使って連絡を取り合うことにしたのです。おかげで、チームとしても良好な関係を維持することに成功しました。メッセージや電話などでコミュニケーションを行い、ロックダウン期間中も交流が途絶えることはありませんでした。」

ヘイズのシニア・スポンサーシップ・マネージャーであるジェニファー・クラークは、今回のキャンペーンについて次のように述べています。「キャリアの成功には、一意専心の心構えと自己研鑽に励む強靭な意思が必要です。これは、ビジネスの世界でもサッカーのフィールドでも変わりません。世界屈指の強豪チーム、マンチェスター・シティに所属する選手たちの原動力やトップであり続ける秘訣は、ビジネスの世界でもきっと通用するはずです。選手たちは動画の中で、強いチームで活躍し続けるための秘訣を伝えています。彼らのメッセージが皆さんのお役に立てれば幸いです。」

選手たちの動画は4週間にわたり公開される。第1回目の配信については、こちらから。
https://www.haysplc.com/manchester-city/behind-every-goal

   
ad
ad

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

アクセスランキング