2021年04月05日

JA全農杯全国小学生サッカー大会 in 中国 オオタFC(岡山県)が優勝

小学生の8人制サッカー大会「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会」の中国大会が4月3日(土)~4日(日)、山口県山口市の「山口きらら博記念公園」で中国大会が開催され、中国地方の各県大会を勝ち上がった12チーム、228人の小学生が出場。全24試合の熱い戦いが繰り広げられ、オオタフットボールクラブ(岡山県)が決勝を制し優勝、準優勝のレノファ山口FC U-12(山口県)とともに全国大会への切符を手にした。

地区大会は3月上旬から全国9か所で順次開催されており、各地区の代表16チームが5月に日産スタジアム(神奈川県横浜市)で開催する全国決勝大会へ出場し日本一が決定する。

大会初日の4月3日(土)は予選リーグ12試合が行われ、熱戦が繰り広げられた。

予選リーグ 試合の模様

大会2日目の4月4日(日)には決勝、準決勝、フレンドリーマッチの計12試合が行われ、いずれも白熱したゲームとなった。決勝は、オオタフットボールクラブ(岡山県)とレノファ山口FC U-12(山口県)が対戦。両者ハイレベルな攻防で一歩も譲らず、このまま延長戦突入かと思われた終了間際、オオタFCが劇的なゴールを決め、そのまま終了。1対0でオオタFCが勝利し優勝、熱戦を繰り広げたレノファ山口FC U-12とともに、5月の全国決勝大会へ中国地区の代表として出場する。

決勝の模様

決勝の模様

試合終了直前のゴールに喜ぶ選手

優勝してハイタッチをするオオタFC 川又春太くん

優勝したオオタFC(岡山県)

準優勝のレノファ(山口県)

【大会結果】
優勝 オオタフットボールクラブ(岡山県)
準優勝 レノファ山口FC U-12(山口県)
3位 シーガル広島(広島県)

■大会の様子は、全農の公式Twitter「全農広報部 スポーツ応援」アカウントで公開。
https://twitter.com/zennoh_sports

■各地区大会の決勝の様子は、日刊スポーツのサイト内の本大会特設ページおよび、日刊スポーツの公式YouTubeチャンネルで公開(大会1週間後を予定)

<JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会 特設HP>
https://www.nikkansports.com/soccer/special/chibirin_2021/

<日刊スポーツ 公式YouTubeアカウントURL>
https://www.youtube.com/channel/UCiIOLClVfRzsDDwzT3eslIQ

   

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

ad

アクセスランキング