2021年06月11日

『8人制サッカー資格取得プログラム』日本ミニフットボール協会とジュニアスポーツライフネットワークが業務提携

世界144カ国に拠点を持つ世界ミニフットボール連盟に加盟している一般社団法人日本ミニフットボール協会(代表理事:櫛山 匠)と、Jリーグ23クラブの下部組織をはじめ全国多数の少年サッカーチームが加盟している一般社団法人ジュニアスポーツライフネットワーク(代表理事:武田 亮)は、2021年4月からスタートした『8人制サッカー資格取得プログラム』において「両社の強みを活かしたサービス強化」を目的に業務提携契約を締結した。

一般社団法人日本ミニフットボール協会(HP:https://www.wmfjp.jp/
日本のミニフットボールの普及を目的に世界ミニフットボール連盟の認可を受け2019年に設立。また、隔年行われる、ワールドカップ等の各カテゴリーの世界大会の日本予選を実施。2021年よりミニフットボールの指導者育成の強化を図るべく、8人制サッカー指導者資格プログラムをスタート。

一般社団法人ジュニアスポーツライフネットワーク(HP:https://stgp.jp/js/
2014年に設立。ジュニアチームを対象としたスポーツ補償制度には、Jリーグ23クラブの下部組織のほか全国多数のチームが加盟している。その他AED普及促進活動、体づくり支援活動など、ジュニア世代に特化した活動を精力的に行っている。

   

セレクション開催検索

チーム名・フリーワードから探す

カテゴリ・地域・日程から探す

ad

アクセスランキング

ad